男性の更年期障害を確実に治すには|健康を取り戻せ

疲れ目を防ぐには

果物

夕方になると頭が痛くなるという人は、目の疲れが原因かもしれません。仕事ではパソコン、プライベートではスマホやテレビなど目を酷使する場面がたくさんあります。これらの便利なツールからは、目に悪影響を及ぼすブルーライトが出ています。ブルーライトはヒトの目に見える光の中で一番波長の短いものです。角膜や水晶体を通り越して網膜まで到達して、角膜にダメージを与えてしまいます。ダメージを受けた角膜の修復がされるのは、目を閉じて眠っているときです。光が当たったままでは細胞の増殖スピードは大きく減速してしまいます。夜は寝る1時時間前にはスマホなどを見るのは止めて、十分な睡眠をとるように心がけましょう。角膜の回復のためにも、光を遮断して寝るようにしてください。

目の疲れの解消には、寝る前に目の周りの筋肉をほぐすのも有効です。優しくゆっくりと、目の周りの骨のあたりを指の腹で押します。あとは、目をぎゅっと瞑ったり開いたりします。緊張していた筋肉がゆったりとしてきます。目の疲れに良いとされるサプリメントを飲むことも、眼精疲労の解消に貢献してくれるでしょう。ブルーベリーやルティン、メグスリノキなどがあげられます。たくさんのサプリメントが出ていますが、有効成分をよく検討して取り入れるようにしてください。ソフトカプセルで成分の吸収が早いものや、すっきり感を期待できるものなど自分の目のお悩み解消になるものを選ぶようにしてください。初回の割引が適用されている場合も多く、お試しに1ヶ月くらい飲んで、目の疲れが解消されないようなら、ほかをまた試してみるとよいでしょう。